海と金と僕と

こんばんは。アドベントカレンダー21日を担当させて頂くsylphマンタのスタニキです。どこぞのsylphマンタはアドベンチャーしてましたね。担当の日より二日も遅れてすみませんでした。実家帰りしてどうも時差ボケが治ってなかったみたいです。

さて今回の内容としては僕がハング以外にやってる趣味の話。ズバリ、スキューバダイビング!「ダイビング?ハングもしてそんな気軽にできるの?」「お高いんでしょう?」ハイ、めっちゃ高いです。おかげで僕はまだ自分のパソコン持ってないです。小腹が空いたら食堂の0円茶でごまかしたりしてます。始めるにはそれなりの覚悟ってやつが必要だぜ?領収書見せられるたび絶望します。

それではダイビングの良さを少し語っていきます。まずなんと言っても他では味わえない幻想的な世界!カワイイ生き物達や水面から差し込む光のカーテンは言葉では表しきれないモノがあります。他にも水深10メートル近くでプカプカ浮游してるだけでも楽しいです。宇宙飛行士の訓練が海の中だったりするくらいだからね。あとイントラさんが足尾の人よりゆとり教育方針だったり。

ハワイ近くの緑海亀。

冬にダイビングって厳しいんじゃないの?って思ってるそこのあなた。冬は水温が気温ほど低くならないのと水が澄んでいます。また、ドライスーツという装備のおかげで汗かくくらいあったかかったりします。泳いだ後の温泉も最高です。富戸のダイビングポイント自慢の温泉丸↓↓↓
まあ画像貼ってみましたけど実際にやってみないと良さはわからんでしょうね。つまり何が言いたいかというとこのブログを読んでるあなたにもダイビングを始めていただきたい。学生でやってる人は少ないです。潜った後に感想を言う相手が社会人とかだと


…ねえ?気を使わずに喋れる人と潜りたいんですよ僕は!マンタと間近でマンタを見たかったりするんですよ!金がない?稼げ!節約しろ!確かにお金はたくさん必要です。でも逆に耳抜きができて金さえあれば誰でも出来るんですよ!結局世の中は金なんです!と、お金の大切さを噛み締めながら今日もバン代600円を払いましたとさ。

カテゴリー: アドベントカレンダー, 飛び以外のイベント | コメントする

マイルストーン

こんばんは。アドベントカレンダーも今日で22日目、いよいよ終盤となりました。これまでの記事を振り返ると今年は素直な記事が多いですね。

さて、今日は足尾人に共通の話題、飛ぶことについて考えたことをだらだらと書いていきます。興味ない人は閉じて下さい。

そもそも、何でみんな何で飛んでるんでしょうね。

純粋に空を飛びたかったから?航空技術や気象に興味を持っていたから?大会であちこち回れるから?サークルの雰囲気が楽しそうだったから?逆に大人しげな雰囲気で気軽に入れたから?

実際入ってみると期待通りには行かなかった点も多かったなと私は思っています。

そもそも、空を飛びたいだけだったら体験で十分だし、航空技術や気象について極めたかったらグライダー部やマイスターもあるし、大会に出場できる競技系のサークルは五万とあるし、実際入ってみるととてもお金がかかるし…

ともあれ入ってからこれまで続けるだけの何かしら魅力があったのでしょう。ではその魅力は一体?

少しばかり考えてみました。

  • 飛んでると開放感を味わえる
  • 上達してくのが楽しい
  • 新しい場所にいくと冒険心がくすぐられる
  • 他のフライヤーと切磋琢磨したい
  • 大会に出て好成績を収めたい

どうでしょうか。皆さん当てはまりましたでしょうか。

実際のフライヤーの声を探すとおやおや既に語っている方がいるじゃないですか。

特に印象に残っている景色としては、初めて一人で飛んだ時の夕景ですね。夕焼けに包み込まれるような感覚は忘れられません。もう1つは、初の海外戦で出場した2016年のプレ世界選手権 in ブラジリアでゴール出来たときの景色です。そこでは湖に囲まれたブラジルの首都のど真ん中にある公園がゴールだったのですが、美しい湖を超えて高層ビルが立ち並ぶ都市に滑り込んでいく景色には本当にシビれました・・

日本人初の世界チャンピオンになることが僕の目標です。2017年の8月に行われたブラジルの世界選手権の本選にオープン選手(国別の団体戦には参加しない選手)として初出場し、世界のトップ選手との差を肌で感じてきました。そこで得た経験をもとに、これから自分の足りていないスキルを磨いていきたいと思います

どうやらこの方はどれも魅力に感じたんですね。

お次の方はどうでしょう。

一番の魅力は、飛べば飛ぶほど、楽しくなるところだと思っています。

空にいる事そのものが幸せだし、空を飛ぶ人たちも魅力的だから、ハンググライダーとずっと繋がっていたいな、とすごく思います。そして、この大きな目標の中に、機体をもっと乗りこなしたい、もっと粘り強く飛びたい、毎回安全に離陸、着陸する、もっと高く遠くへ行きたい、パイロット証を取得したい、もっといろんなエリアで飛んでみたい、大会で勝ちたい…という目標がいくつもあって、その上、一つ達成してもそこからまた新たに目標、やりたい事がでてくるので、やっぱり永遠に飛び続けるしかなさそうです。

この方は先程のものに加えて、フライヤー同士の輪も魅力だと感じたようです。

似たようなものばかりではつまらないので初飛び直後のこの方

講習を続けてきてつらかった瞬間もたくさんありましたが、ハングも足尾の皆も大好きだったのでそのつらさは自分にとって全然苦ではありませんでしたし、むしろぜったいこれを乗り越えてやるんだ!という反動力になっていました。講習後の疲れも、充実感を得られる心地よいものでした。夢中になれることを見つけて、こんな大切な経験ができたことをとても嬉しく思います。

たまたま見つけてきた学生フライヤーの記事で偏ってる気もしますが、それぞれの目標に向かって飛べるのも魅力なのかもしれませんね。

他にも意見があればコメントして下さい。

 

カテゴリー: アドベントカレンダー | コメントする

映画でも見ませんか?

こんにちは!まだ初飛べてない西村です。

いい加減そろそろ飛びたいです。講習日数はまあまあいっているんですが、風が悪い日が多い!大洗5回は行っています。日頃の行いが悪いんですかね……。

まあ、それはさておき、ご存知の方もいるかもしれませんが、私はもう1つサークルに入っています。それは映画研究同好会です。活動内容は映画制作です。不定期に、話を作った人が部員を集めて制作しています。監督、脚本、撮影、編集、録音、キャスト全部自分たちでやります。時間は短いものだと3分位から、長いもので60分くらいのものまでいろいろです!制作した映画は文化祭で流したり、近隣のいくつかの大学で合同上映会を開いたりしています。ということで、映画制作について何か語れるといいんですが、なんせあまり参加していないもので、特に語ることがありません。なので、おすすめの映画を紹介していきたいと思います!

3日前のブログでは洋画をたくさん紹介してくれてましたね!ということで、今日は邦画を中心に紹介していこうかなと思います。突然ですが、みなさん白黒映画見ますか?「いやいや、そんな昔の見ないよ……」と思っていますか?私もそうだったんですが、実はその時代の邦画は名画がたくさんあります!見ておいて損はないので、その辺に絞って紹介していきますね~。

 

『東京物語』 監督:小津安二郎

尾道に住む老夫婦が、東京に住む息子や娘たちに会いに行く物語。戦争で亡くなった息子がいて、その妻と老夫婦のやり取りなどは、印象深いです。ほのぼのとしたやり取りの中に、戦争の辛さを静かに表現した作品です。

 

『裸の島』 監督:新藤兼人

いやしい映画じゃないですよ。ものすごく地味です。最初から最後までセリフがないです。あ、サイレントじゃないですよ。音楽とか、ヤギが草食べてる音とかはあります。1か月と500万円で制作された映画です。すごいですね。小さな島に住む家族の生活を描いた作品です。基本的に働いている様子が延々と流れているのですが、そこであることが起きます。感動します。セリフがないことがめちゃめちゃ活かされています。よく分からないと思うので、ぜひ見てみて下さい。

 

『驟雨』 監督:成瀬 巳喜男

上の2作品に比べたらマイナーな作品です。岸田国士の複数の戯曲を、脚本家水木洋子が1つの作品にまとめた映画です。日常を描くことを極めたような作品です。特別大きな出来事が起こるわけではありませんが、私たちの周りでも起こり得るような問題がいろいろと起こります。

 

『二十四の瞳』 監督:木下恵介

壺井栄の小説が原作です。この作品は、近年でもドラマ化しているので、ご存知の方が多いと思いますが、最初の映画版を見たことがある方は、少ないのではないでしょうか。ぜひ、こちらも見てみて下さい!原作の発表の2年後に公開されたので、当時らしさが伝わってきます。先生と12人の生徒を描いた感動的な作品です。

 

昔の映画だからって抵抗せず、ぜひ見てみて下さい!

 

最後に最近見たおすすめの映画を1つ。

 

『オデッセイ』 監督:リドリー・スコット

wowowのお試し期間中にやっていたので見ました。アメリカのSF映画です。火星に取り残された宇宙飛行士が、地球帰還を目指すというストーリーです。どんな苦難が起ころうとも、立ち向かっていく主人公がすごいです。

 

いろいろ書きましたが、最近は金欠で、暇さえあればバイトしてて、映画見れてません……。のんびり映画でも見る余裕がほしいと思う、今日この頃でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: その他 | コメントする

塾講のすすめ

こんにちは、シルフマンタの宇津です。アドベンチャーカレンダー19日目を担当します。ブログ書くのとか初めてなので至らない点も多くあると思いますが、暇つぶしに読んでいただけると幸いです。

今回は僕がバイトでやっている塾講師について紹介します。バイトやってない人や、やってるけどちょっと辛い人、オススメです。

塾講師が他のバイトより優れている(と思う)のは次のつです。

・時給が高い!

・受験学年以外は楽!!

・カリスマ講師気分を味わえる!!!

1つ目、時給は場所によりけりですが、うちは最低1400円で、そこから昇給していく形です。1コマ90分なので、例えば4コマ入れば8400円です。かなり良い条件だと思ってます。

2つ目、とっても楽なのはマジです。1コマ90分もあるので、やっぱり生徒の集中力が持ちません。結果、ダラダラおしゃべりすることになります。小学生なんか30分授業後は雑談とかになります。かなり楽だし、楽しいです。JCやJKとニコニコしながらお話しするのも趣があります。オススメです。もしかしたらワンチャンあるかも…?!

最後、自分のスケジュール表が生徒で埋まってるとなんとなく人気講師感がでて嬉しいです。

以上が塾講師のいいとこです。バイト探しの参考になれば幸いです。

早くサーマルで回して何時間も飛んでみたい…。

 

カテゴリー: アドベントカレンダー | コメントする

こんにちは!アドベントカレンダー12月17日担当ますだです。

最近土日は課題やらポーカーの勉強やらで足尾行けてません。

というのも、2月に韓国にカジノをしに行くことが決まり、その対策をしないといけないのです。

ガッツリ稼いで「バス券全員分これで」ってやるのでお楽しみに!

 

さて、本題のブログの中身ですが、、、

実はsylph以外にも部に入っているのでそのことについて書こうと思います。

それは、、、、、

 

 

 

足尾映画部

 

です。現在活動人数7人、活動内容は特になし。(企画はあったけどつぶれたり。)ただの映画好きの集まりです。なのでsylphとの兼部も楽勝なのです。

そしてもうお気づきかもしれませんが、、

活動がないので足尾映画部について書くことも特にないのです!!

 

そこでそれに関連し、おすすめの映画をジャンルごとに紹介したいと思います!!

と思ったら!!!!!!

全く同じ内容と思われるものが3日後に!!

でも人によっていろいろなおすすめの映画があると思うんだ。だから気にしない!

 

ではさっそく。

 

アクション部門「キングスマン」

3年前くらい?に公開された比較的新しい映画です。普段はテイラーをやってるスパイの物語です。スパイアクション映画でありながらコメディ要素もあり、最後のシーンは斬新すぎます。来年の1月に続編が公開されるみたいなのでぜひとも見に行きたいですね!

 

 

・コメディ部門「ホームアローン」

言わずと知れた名作です!!家族が旅行に行ってしまい1人家に取り残された8歳の少年ケビンとその家に泥棒に入ろうとする2人組の話です。泥棒2人組が本当に憎めずいいキャラしてます。何も考えず楽に見れる映画です。トムジェリみたいな感じですかね。

 

 

・ドラマ部門「スラムドッグ$ミリオネア」

よくジャンルが分からなかったので適当にドラマ部門にしました。スラム街で育った1人の青年がクイズミリオネアに出て次々と問題に正解していく話です。無学であるはずの彼の回答には一つ一つこたえられる理由があり、そのすべてのドラマが面白いです。

 

 

・SF部門「スターウォーズ」

くそベタですみません。しかし!!スターウォーズを書かないわけにはいかなかったのです。中でもEP6のデススターに向かってXウィングがつっこんでいくシーンは最高です!ちなみにEP8はまだ見に行ってません。今週中にはいきたいなあ。。。

 

 

・ロマンス部門「ショコラ」

ある街に引っ越してきた母と娘のチョコレート店の話。その街の宗教的な理由からはじめは周囲から白い目で見られながらも、徐々にチョコレートを通してみんなと心を通わせていく彼女の明るい人柄に引き込まれます。それからなんやかんやでエンディングに向かっていきます。ただの恋愛映画ではなく、様々な魅力に溢れた映画だと思います。全体を通した雰囲気もよく、かなりおすすめの映画です。

 

 

・ファンタジー部門「オーロラの彼方へ」

無線が趣味の主人公。ある日何気なく無線で会話していると、その相手が30年前に事故で殉職した消防士の父だと判明!過去とつながった無線を利用して父を事故から救おうとするが、、、という話。TSUTAYAでパっと目に留まってパケ借りしたこの映画。ぜひ。

 

 

以上がおすすめの映画なのですが、、、

振り返ってみると洋画ばっか!!ってことで邦画からも1つだけ!

 

・邦画部門「マジックアワー

コメディ映画です。眠くてめんどくさいので一言で!アンジャッシュのすれ違いコントみたいな感じ!

 

 

ほかにもまだまだ面白い映画はあるのですがそれはまたの機会に!

あともし面白い映画があったらどんどん教えてください!

足尾映画部にもぜひ入部を!

では!

カテゴリー: アドベントカレンダー | コメントする