すた日記その5 ~† Lance of Blizzard †~ 【剣盾ダブルS30最終10位】

どうもこんにちは。修士2年になっても毎週末足尾にいる気がする“すた”です。

 最近は日中と夜間の気温差が激しくて大変ですね。皆さん、お体の方はいかがでしょうか。梅雨の本番はこれからで、先週までは案外フライトできてましたね。土曜日は雲底1100mの1時間以上のフライトを楽しむことができました。自分の未熟さを感じる場面も多々ありましたが、周りのパラを観察してソアリングをするといった、上達につながるフライトだったと思います。

特に画像がなかったので俺のラミナール。ログも取り忘れた。

 ところでブログリレー期間でもないのに、なぜ急に投稿しているのかと疑問をもった方もいると思います。修士になってからブログリレーの担当日に書いていなかったというのもありますが、主に以下の2つの理由から、ペンを走らせました(?)。

1.就活を通し、文章を書く能力は重要で、今のうち習慣づけていた方がいいと感じたため。

2.自分の大好きなゲームである「ポケットモンスター シールド」で良い結果を残し、構築記事を書きたかったため。

 1については、まあそのまんまですね。自分はクッソ適当に就活していましたが、自分の考えていることを明確に文章化するというのは、エントリーシートではもちろん、面接時においても、ちゃんとした単語を選んで、シンプルかつ相手に伝わる文章を組み立てなくてはいけない、ということを痛感しました。日常生活の会話では、擬音や抽象的な表現を多用しがちな気がするので、修行が必要だと思っています。だからといって「これからめちゃくちゃSylphブログ書くぞ!」とはなりませんが。

 2について、ポケモンは言わずと知れた、世界中の老若男女に人気なゲームです。自分は、ポケモンを2体ずつ出して戦うダブルバトルというルールのオンライン対人戦に熱中しており、1ヶ月の間に対戦して集めたポイントで順位を決める「ランクマッチ」で、約18万人中10位の結果を残すことができました(1戦でも戦ったら参加人数にカウントされるので真面目にやってる人はもっと少ない)。月末夜から翌月1日9時まで戦士たちが集い、しのぎを削りあう修羅の時間となります。6月1日の10時から、内々定が確約されていたとはいえ第一希望の最終面接があったのに、戦うことをやめなかった己の†バーサーカーソウル†には呆れました。ポケモン戦士たちは、結果を残した際、自分のチームを振り返り、構築記事を書き、次のシーズンに生かすという儀式を行う習性があります。過去に2桁順位をとった時は、めんどくさかったのと書く場所がなかったので、儀式を納めていませんでした。しかし、自分の公式大会(これはランクマッチとは別)が敗退に終わり、ポケモンの新作が発表され、ソード/シールドも終わりを迎えている今、この場を借り構築記事を書こうと思いたちました。

 「就活で~」と意識高い偉そうなことを言っておりますが、つまるところ、自分のために自分の好きなことをベラベラ語るという自己満足の境地が当ブログになります。しかし、その自己満足の境地こそがブログの本質であると思います。できるだけわかりやすい言葉を選びますが、正直、ポケモン知らない人が見てもツマラナイことでしょう。ブログを読まなくてもいいので、下のリンクの最高にアツい公式大会動画を見て、ダブルバトルの奥深さを体感していただけたら嬉しい限りです。ポケモン知ってても、ダブルバトルは馴染みない人が多いと思います。それでも雰囲気だけでも味わって、少しでも楽しんでもらえたら幸いです。「ポケモンサークルと間違えられます!」と苦情が入ったらこのブログは削除します。

↑シーズン30をともに戦い抜いたナカーマ。
描くのに丸一日かかった。もし気に入ったら会ったとき「いいね!」と言ってあげると喜びます。
投稿の仕様上、若干元絵から縦長になってます…。
twitterで#フジタのエースバーンでトレンド入りした8:20:10からの決勝戦の盛り上がりも素晴らしいですが、  個人的には6:28:00からのあえて味方を倒してもらって有利な盤面を作り出す試合が、
ダブルバトルの醍醐味が出ていてお気にいりです。

1.構築経緯

 カイオーガとディアルガを使いたい!そう思いたったのが1月の伝説2体ルール発表時のルビサファ&ダイパキッズの俺。「ディアオーガならトリックルーム(すばやさが遅い順に行動できるようになる技)しかないだろ!」とウキウキでチームを組み出す。ディアルガの他にもイベルタル、ネクロズマなど試してみたが、全く勝ちきれず2月の大会INC February 一週間前になってしまう…。

 しかし!実験中になんとなく見ていた某なみのりチャンネルの動画で、リリバ白馬バドレックスと運命の出会いをする。白馬バドレックスは最強ポケモンであるザシアンになにもできず倒されてしまい弱いと思っていたが、リリバのみ(ザシアンの鋼タイプの弱点攻撃を半減にできる持ち物)はまさに天啓…!使い慣れているガオガエン、ゴリランダーを構築に加え、珠じゃれミミッキュとねっぷうトルネロスを入れて、2月のINCでは最高1879のポイントを出すことができた(30位までが予選抜けですが、15戦くらい残して「勝ったなガハハ!」と寝たら抜かれてました…ボーダーラインは1880…)。2月のランクマッチも最終10位を達成。それからいろいろ試行錯誤してみて、5月の大会PJCS予選でバークアウトウーラオスが入り構築が完成。次にイカレたメンバーを個別に紹介していくぜ!

2.個別解説(選出した順)

ポケモン@もちもの 特性(自動で発動する能力)                  育て方:H体力-A攻撃-B防御-C特攻-D特防-S素早さ                         技×4 という形で紹介します。

カイオーガ@しんぴのしずく 特性:あめふらし 

207(252)-108(-) -120(76)-209(156+)-161(4)-113(20)                  しおふき/こんげんのはどう/かみなり/まもる                        ザシアンに次ぐイカレたパワーのポケモン。トリトドンになにもできない技構成だが、ゴリランダー、バドレックスと合わせて何とかやってく。ダイマすれば防御に厚く育ててる分、そうそう倒されない。大体の相手を吹き飛ばせるダイストリーム、催眠対策にダイサンダーというように、トリトドンがいなけれダイマしまくってた。調整はC11n、S最速50族&準速60族抜き、余りは耐久に効率よく。しんぴのしずくを持たせていた分、最後までイカレたパワーに慣れなかった。しおふきで相手2体を吹き飛ばしているときの気分はムスカ大佐。

バドレックス(白)@リリバのみ 特性:じんばいったい

207(252)-231(196+)-171(4)-×(-)-157(52)-71(4) ブリザードランス/10まんばりき/トリックルーム/まもる                     A11n、耐久に効率よく、Sは相手のバドレックスを抜くため&下降補正をかけた無振り60族の72をトリックルーム中に抜く71。相手にも白バドレックスがいたら自分はトリックルームしないと割り切れたので、いいS4振りだったと思う。トリックルーム中に動けたら最強だったが、トリックルームしなくても十分強かった。こいつのブリザードランスのパワーも最後まで慣れなかった。個人的に専用技BEST3に入るくらいはぶっ壊れた技だと思う。ダイマ率はカイオーガと同じくらい。

ガオガエン@シュカのみ 特性:いかく

202(252)-137(12)-119(68)-×(-)-145(172+)-81(4) フレアドライブ/DDラリアット/すてゼリフ/ねこだまし                   ハイスペック&圧倒的汎用性からどんな構築にも入るダブルバトル界最強の一般ポケモン。   A222±0ザシアンのインファイト耐え、A-1ラリアットでB4黒バドレックス確定1発、D厚く。キノコのほうし対策にぼうじんゴーグルをもたせたり、ザシアンに強くするためにヨプのみを持たせていたが、モロバレルがいたらトリルしない、フシギバナのねむりごなはねこだましor避ける、防御に厚くすればインファイトを耐えるので、手も足も出なかったダイアースWキュレム、ディアルガに強くなるためにシュカのみ(地面の弱点攻撃を半減)を持たせた。トリトドンやグラードンなど、Rinya Sunの面々にも強くなれた。すてゼリフで交代を繰り返す戦いになるポケモンなので、超強いのに使ってて楽しい。

ゴリランダー@とつげきチョッキ 特性:グラスメイカー

207(252)-189(212+)-110(0)-×(-)-96(44)-105(0) グラススライダー/10まんばりき/はたきおとす/ねこだまし                        ソードシールドにおける俺。筋肉ムキムキゴリラスライダーで相手のカイオーガ、トリトドンを吹き飛ばす。B4カイオーガ確定1発。耐久効率よく。ダイマなしルールの時から素早さ114を愛用していたが、このルールでは無駄であると気づき、耐久に回す。オマケで素早さに甘えたイエッサンからフィールドを奪えたりした。10まんばりきは対ザシアン。はたきおとすは色々変えてたが、ホウオウやヌケニンに打点を出せず負けたり、雑にはたきおとしても強かったので確定。ザシオーガグドラヌケニンなどにはめっぽう強く、一般ポケモンの中では2番目にダイマックスしてた。ゴリラスライダーでのスイープや、味方のHP回復も強かった。

ミミッキュ@いのちのたま 特性:ばけのかわ

159(228)-156(252+)-104(28)-×(-)-125(0)-117(0)                         じゃれつく/かげうち/おにび/トリックルーム                     地雷枠その1。シングルバトルだと珠じゃれミミッキュは別に珍しくもないが、ダブルではサポートメインなので、まず警戒されない。トリックルームが終わるまで無視されがちだが、最低限のパワーを出せたり、おにびでやけどにしたり、かなり強かった。対白馬パルキアではダイフェアリーをパルキアに撃ち込むので、一般ポケモンでは一番ダイマックスしてた。対黒馬エレキ(ボルト)、白馬パルキア、ザシアンイベルタルの要なのだが、5月の大会PJCS予選では個体を間違えて登録してしまい、ポイント1700から勝てず予選敗退。おしまい。

ウーラオス(いちげきのかた)@きあいのタスキ 特性:ふかしのこぶし

175(0)-182(252)-120(0)-74(-)-80(0)-163(252+) あんこくきょうだ/ふいうち/インファイト/バークアウト                                    地雷枠その2。最後の1枚のピース。GWに四国でチャリこいでる時に思いついた。黒バドレックスに見た目強く、Wキュレムやディアルガの上からバークアウトを撃つことができ、ソルガレオに強いポケモンを探してる時に思いついた。他の候補はふうせんライコウがいたが、特性をせいしんりょくにできず断念。しかし、単体性能は非常に高く、ウーラオスで正解だった。特に「ふかしのこぶし」の「まもる」択ゲー無視が無茶苦茶に強かった。

3.選出例

VSカイオーガ、ザシアン                                    先発)ゴリラ、白バド 裏)オーガ、ガエン                          ねこだまし+トリックルームができそうならする。相手にガオガエンがいなければ白バドダイマもアリ。基本的に相手はカイオーガを初手に出してくるので、ゴリラスライダーで圧をかけつつ、ダイストリームをケアしてオーガに交代。自分のカイオーガ、白バドのどちらか刺さってる方を大切にする。ガオガエンを大切に使ってくるうまい人の場合は普通にキツイ。

VS Rinya Sun(グラードン、リザードン、ザシアン、トリトドン)                                                      先発)白バド、ガエン 裏)オーガ、ゴリラ                                    相手の初手は基本的にグラリザのだんがいのつるぎ+キョダイゴクエンなので、ガエンをオーガに交換して雨にして、白バドでトリックルーム。たまにそれを見越してトリトドンリザードンを初手出しされるので、その場合は白バドダイウォール+ガエンすてゼリフ(ガエンを普通にひいてしまうとトリトドンより先に交代してしまうので天候が晴れになってしまうのを防ぐ)。トリトドンを倒せるのがゴリラor白バドだけなので大切にする。この構築もガオガエンを出して大切にしてくるうまい人はキツイ。

VS黒バドレックス、レジエレキ(ボルトロス)                                 先発)白バド、ミミッキュ 裏)オーガ、ガエンorゴリラ                        相手の初手は基本的に、タスキ黒バド+ダイマ珠エレキでアストラルビット+ダイアークでトリックルームを阻止しに来る。かげうちを黒バド、ダイアイスをレジエレキに撃てばあられ+珠ダメでだいたいねこだましで倒せる圏内に入る。ダイスチルボルトロスも同様。エレキをイエッサンやガオガエンに交代されるとキツイのだが、一度もやられなかったので、この初手を始めてからほとんど負けていない。黒バドがタスキでなかったり、ふういんを押してくるとすごく楽。一回だけ珠かげうちを素で耐えられたときは泡吹いて倒れた。相手のもう一体の伝説がザシアンならガオガエン、カイオーガならゴリランダーを選出。

VSイベルタル、ザシアン                                           先発)ガエン、ミミッキュ 裏)カイオーガ、白バド                                基本的にイベルタル+オーロンゲorガオガエンetc.を出される。ちょうはつやねむりごなでトリックルームを止められそうなときはねこだまし+トリックルーム。2体とも自由に動けそうならすてゼリフ+トリックルーム。ガオガエンが相手にいたら、カイオーガを通していく。モロバレルがいたら、トリックルームしないでイベルタルをじゃれつくで早めに倒していく。あまりにも一般ポケモンがキツイ場合は伝説1体選出をしていたが、勝率は高めだった。

VS白バドレックス、パルキア                                    先発)オーガ、ミミッキュ 裏)白バド、ガエン                            パルキアにダイフェアリー、しおふき。イエッサンがきてもこのゆびとまれされないことがほとんどだった。最悪イエッサンに吸い込まれてもミストフィールドのおかげでキノコのほうしを防ぎ、パルキアのドラゴン技を半減できたので強い動きだった。滅茶苦茶うまい人に一回負けたくらいで、ほとんど勝てた。

VSキュレムorディアルガの初手ダイマドラゴン                               先発)ウーラ、ガエン 裏)カイオーガ、白バド                                  初手ダイマしてきそうならバークアウト+すてゼリフでダイマを腐らせる。オーロンゲのねこだましをウーラオスに集中されるとキツイが、壁を張ってくると相手を信じきる。相手のダイマが終わったら、こっちの伝説パワーでゴリ押していく。ウーラオスを入れてから一気に勝率が良くなった。

VSソルガレオ、その他マイナー構築                                       ソルガレオはダイマカイオーガで削り、裏のウーラオスで仕留める。じゃくてんほけんダイサンダーでも耐える。他のマイナーな構築でもウーラオスの単体性能の高さが生きた場面は多かった。

できるだけ相手にしたくないポケモン                                        トリトドン、モロバレル、ナットレイ、ドータクン入りはトリックルームをしないルートで立ち回っていくことを考える。オーガ以外物理なのでうまい人のガオガエンはとにかくキツイ。カミツルギ入りと、メテオビームルナアーラは最後まで勝ち方があいまいだった。カミツルギはトリックルームでやけどにする、ルナアーラはウーラオスを通していくことを考えていたが、結局めちゃめちゃ負け越してる。

4.終わりに

 ランクマッチ最終日の対戦だけで、23勝8敗というエグイ勝率を出せただけに、PJCS予選敗退は悲しいです。四国でチャリ旅をしながら戦うというナメた真似した結果でしょう。それだけポケモンと真剣に向き合えていなかったように思えます。新作までに、ウィンディで止まってるアルセウスをだらだらやりつつ、ランクマッチで修業を続け、結果を残し続けていきたいです。

チャリ旅は最高だったので後悔はない。
カツオのたたきの香りが非常に香ばしく、ニンニクと相性抜群でうまかった。
他にもタイ飯やウツボのたたきなどうまいものだらけだった。

 全くハンググライダー関係なく、何言ってるかわからん内容でしたが、自分の好きなことを好きなだけ書くことができて満足です。ここまで読んでくださった方はほとんどいないかもしれませんが、ありがとうございます。そして、もし読んでいる人がいたら、おめでとうございます。あなたはポケモンダブルバトルの素質があります。新作のスカーレット/バイオレットでダブルバトルを始め、俺と切磋琢磨していきましょう。

 次回のすた日記もいつになるかわかりませんが、できるだけ大衆が楽しめる内容にしたいです。お体には気を付けて。ではまた。

P.S 最近、作業中に摘まめるお菓子探しにはまっています。マーブルチョコ、シゲキックスが上位でしたが、たべっこどうぶつとたまごボーロを久々に食べ、ランキングがざわついています。お勧めのものがありましたら教えてください。

カテゴリー: その他 | コメントする

勝手に同期紹介

どうも!1年の堀越です!

ごめんなさいいつの間にか期限を3日過ぎていました!!!いつか詫びブログ書くので許してください!

最近、今更ながら任天堂Switchを買いました!スマブラのソフトもかったので今度みんなでやろうぜ!というわけで絶賛練習中です。ゲーム機初心者の私は、最初はステージから落ちて復帰できず死亡・・・というレベルだったのですが、何とか最低限戦えるまでにはなりました。

いつもは決して兄と遊んでくれない妹が、Switchを買ってきたとたん一緒にあそぼ!って言ってきたので対戦したのですが、同時に始めた(というか妹の方が1時間くらい遅い)のにも関わらず妹の方が普通に強くて「・・・」です。才能ないんかなあ。

というわけで3日遅れでこれを書いているのですが、特に書くネタがないので勝手に同期を紹介しちゃいます!

全員を紹介するのは不可能というか会ってなさ過ぎて紹介文が書けない人が結構いるので、紹介するのは僕の印象に強く残っているような人だけにします。

あと、この部活は他大のハング・パラグライダーサークルと同じ場所で活動しています!現地では一緒でめっちゃ関わり合うし、最近は部員が減少傾向らしくて足尾への行き帰りのバンも一緒に乗って実質同じサークルみたいな感じになってるので全大学の同期を紹介しちゃいます!

プライバシー?に配慮して、名前はあだ名を使うか一部加工しました。

★東工大Sylph

・Rき

個人的髪を染めてほしい人ランキング堂々の一位!ハング以外に油絵描いてるし自転車に乗ってる。ちょっと買い物に行くとかいうレベルなどではなく、東京から伊勢まで行ったそう。すげえええええ!

・♨うま

埼玉大だがインカレでSylphに所属。基本的に無口だが話すと面白い。お父さんもお母さんも足尾でハンググライダーをやってるハング一家で生まれ育ったサラブレッド。新歓を待たず、受験が終わった直後にnasaに入校し、ハングとしては爆速で初飛びをした。小さいころから両親の付き添いで足尾に通っていたらしく、足尾の社会人やイントラとの顔なじみっぷりはすげえ。みんなに麻雀を教えてくれた。

・🏔たつ

最近初飛んだパラの人①。彼が足尾に着てくる服は「やまたつコーデ」と呼ばれており、今ものすごく密かなブームとなっている。量子力学の単位を落とさないことに絶対の自信を持っている。そういう奴こそ落とせ。てるるんに放ったチクチク言葉の数は星の数ほど。今日もてるるんに「お前は絶対に量子力学を絶対落とす」と言っては、掲示板にある再履修者用の案内の画像を送りつけてきた。あと、元陸上部なので足が僕の2倍くらい太い。

・ななぽよ

めっちゃたまに来る人。僕のことを「てるるん」ってよんだことでめっちゃ印象に残った。ありがとね~。今度麻雀一緒にやろうね!

・Uちゃん

パラグライダーよりスキーを愛していそうな人。マイスキー板を3組も持っているとかいないとか。パラグライダーも愛してね!僕とは体験会で一緒で入部もほぼ同時。僕に関する、特に女子には決してばらされたらいけないような秘密を握っている。

・チャーリー

前期は肺気胸で足尾に来られていなかったけど、手術で直してから定期的に来てくれるようになった。わーい!アメリカ人と日本人のハーフならぬクオーターなのでSylphでは珍しくイケメン。

・てるるん

つばめで一番講習が進んでいる人。B級生とA級生の差を見せつけてやろうと奮闘中。前回の足尾では飛びがクソだったけどパラメインまでの山道で1回も転ばないという点で差を見せつけた。やったぜ!

★横国Mosquito

・のんちゃん

最近初飛んだ人②。チビミニチュアサイズで可愛い。つばめの代のジャンパーの絵を描いてくれた人。元美術部だけあってめちゃくちゃ絵がうまい。めっちゃおとなしい性格とは裏腹に、飛ぶ飛ぶ詐欺の前科が10犯くらいある極悪人。中学美術部、高校剣道部、大学パラグライダー部という日本で絶対に1人しかいないような異色の経歴の持ち主。普段はみんなに知られざる趣味に没頭してるとかしてないとか。次需要被ったらバンとか宿舎でスマブラやろうぜ!

・Gold

最近初飛んだ人③。のんちゃんと同じく経営学部で、ビジネスなんちゃらコンテストに積極的に参加するなど、めちゃくちゃ意識高い大学生。僕と同じくらいの時期に任天堂Switchを買った。焼肉誘ってくれてありがとう!

★早稲田わせはん

・The K

めっちゃでかい!彼の身長は180cmを超える。The Kはラインのハンドルネーム。苗字がめちゃくちゃ読みづらいのでみんなにもThe Kと呼ばれている。グラハンがうまい。🏔岡とめっちゃ仲良し。

・🏔岡

新人戦でスタ沈した人。The Kとめっちゃ仲良し。2人で需要を合わせてくることもあるとか。てるるんの「講習が一番進んでいる人」の称号を奪おうと企んでいるかもしれない。同期で一番パラがうまいのかもしれない。

・Aすみ

一時期めっちゃ足尾に来ていたハング女子(今はその当時ほどではないが結構足尾に来てくれている)。人の飲み物を飲んでは、その飲み物のセンスを酷評したりするひどい奴だけど、憎めないタイプでめっちゃ陽気なのでみんなの人気者。もうすぐ初飛びそう。アラビア語を勉強してる。とあるカフェでめっちゃ楽しそうにバイトしてる。最近🏔たつと一緒になっててるるんのことをチクチクしてくるような…

・Eりかさん

たまに来る人。パラの次の初飛び候補。ごめんこれ以上書けん…

★都市大Skyview

・かい

名前を漢字で書くと「かい」って読みたくなっちゃうけど「かい」ではない。麻雀を覚えるのがめっちゃ早い。

・R子さん

最近初飛んだ人④。めっちゃ人思いで優しい。前回の足尾では僕がパラをたたむのを手伝ってくれた。通うキャンパスは僕の家のめっちゃ近く。ケーキ屋でバイトしててめっちゃ羨ましい(ケーキが賄いででるから。)🏔たつみたいに僕をチクチクしちゃだめだよ~笑笑

まあよく知ってる人はこんなもんかなあ~。意外と少なくてぴえ~ん。つばめのほかのみんなももっと足尾来て~。

あと、おもったより女子率高くてびっくりした。3対1くらいだと思ったら3対2だった!もしこれを読んでる人の中に入部考えてる女子いたら安心してTwitterのDMに連絡ください!

内輪ネタ多めになっちゃったけどたまには許して~

ではまた!

カテゴリー: 部員紹介 | コメントする

あの日、空を飛んだ日

足尾に着くとまだ誰も来ていなかった。辺り一帯の空気全て、今は自分だけのもの。少し気分が晴れた。飛ぶなら風の穏やかな早朝か夕方がいいよと言われて来たものの、流石に早すぎた。ぞろぞろと人が集まってくる中で、講習場の顔見知りである青林さんが声をかけてくれた。「教本を見るといいよ」と言ってハンググライダーの教本を見せてくれた。Sylphの先輩には「頑張って」「飛べるといいね」と声をかけてくれた。というのも、風向きの予報は西。西ランディング場は東ランディング場よりも距離があるらしく、初飛びで西にテイクオフすることはあまりないと聞いた。

 

 

それでもテイクオフに行って緊張感を味わうだけでも経験になると北野さんは送り出してくれた。そして山に上がる準備をする。無線機、スピードメーター、緊急パラシュート付きのハーネス、いつもと違うものをいつもと違う場所に積み込んだ。終わるとすぐに、「バンが出るよ」と倉上さんに呼ばれた。倉上さんは一足先に講習場を卒業した方で、優しくて、分からないことを察して教えてくれて、準備も手伝ってくれた。

 

 

バンに乗ってテイクオフ場に向かう。隣にはN先輩、その隣にはA先輩が座る。山道を蛇行しながら揺られながら、何やら話している。

 

 

「西かあ。やだなあ。」

 

 

「ですね。届かない可能性があるんで。」

 

 

「……。」

 

 

届かないとは?一瞬なんのことかわからなかったが、朝の会話を思い出して理解した。西ランは東ランより遠いこと。俺は反射的に聞く。

 

 

「やっぱり西に飛ぶのは嫌なんですか?」

 

 

「そうだね~。いまだに。」

 

 

「……。」

 

 

ここに西に初飛ぶかもしれない人がいるんですけど?「バカですか?」と言いそうになって何とか堪えた。というのはウソだけど間違いなく不安は募った。

 

 

テイクオフに着いた。なんだか懐かしい感じがした。のんびり見渡している暇はなくすぐに機体のセッティングに取り掛かる。手間取ってルリさんに手伝ってもらい、説明してもらった西ランディングの場所が全然わからずと、幸先が悪い。倉上さんも西から飛ぶのは初めてだそうで、まずはNさんが飛び立った。続いて倉上さん、Aさん、Sさん。最後に俺。どうやら西に飛ぶみたい。

 

 

もう俺の番か。なんだか朝起きてからこの瞬間まで、時の流れが速く感じた。先の4人は無事ランディングし、俺は大門さんに無線チェックを入れる。噛んだ。緊張してるな、と思った。そこからはあんまり覚えていない。とにかく集中して、夢中だった。テイクオフしてまず思ったのは、「おぉ。スゲー。」って感じ。文字じゃ絶対伝わらないけど。あんまり大声で喜んだりするタイプじゃないけど、この時の俺はテンションだいぶ高かったかな。俺いま空中に浮いてるんだ。って実感して、体に当たる風がめっちゃ気持ち良かった。景色も良く見えた。その日は晴れていたのもあってサーマルが発生していたのかな。下からの風を感じた。「ん?高度上がってる?」と感じれるくらいの上昇気流だと思う。ぶわっっと体が浮き上がるこの瞬間!この瞬間が下りるまでで1番楽しかった。

 

 

空を飛ぶってこんなに楽しいんだ。俺はこのまま楽しく飛んでいける。そう思っていた。

 

 

だけどそんな楽しく飛ぶ俺とは裏腹に、空はそんなに甘くなかった。飛ぶ前の不安な気持ちも上昇気流によって吹き飛び、西ランへの通過地点であるソーラーパネルが近づいてきた時。右からなのか前からなのかはわからない。風が強く吹いた。そう感じた瞬間、機体があおられて右翼が大きく上がる。俺は傾いた機体を修正できずに、どんどんと左へ傾きながら回転していく。そのまま風の思うがままに飛んだ、というより飛ばされた俺の目の前には、気づくと緑一色、山の斜面が見えていた。つまり、180度回転したということ。つまり、テイクオフめがけて飛んでいるということ。ランディングの真逆に向かって飛んでいる俺はその時ようやく、「やばいな」とか思って修正を入れた。そのまま左に体重をかけ続けてなんとかランディング方向正面に向き直ることはできたものの…。結果として360度回転したということになる。

 

 

これが俗にいう初飛び一回転事件。

 

 

まぁこれはソアリングにチャレンジしたと解釈してもらって問題ない。サーマルを感じ自分なりに空に円を描いた、勇敢な男ということにしておいてほしい。

 

 

初飛びソアリングチャレンジが終わったあと、「落ち着いて~」「良いぞ~そのまま~」という大門さんの声が聞こえてきた辺りから、少し緊張し始めた。俺を落ち着かせようとしていることが分かり、さっきやったことの重大さを実感したからだと思う。もう失敗出来ない。ここからは意識をずっと耳に集中させていた。次の記憶は、ファイナルアプローチをかけた後の、「ぶつかるくらいで来い」という声。正面には大門さんと、間接視野で先輩たちがいるのが見えた。少し安心しながらあと少しの直線を滑空し、フレアをかけようとした、その時。またもや風にあおられる。俺は煽るのは好きだが煽られるのは嫌いだ。という俺の気持ちなど知ったことかと風が強く吹いた。今度は左翼が上がって右回りで回転していく。180度回転しながらボディランディング。正面には山の斜面。なるほどね。こうして俺の初飛びは終わった。

 

 

これも実を言うとソアリングにチャレンジしたわけで。高度1mからなんとか粘ろうとした、根気強い男ということにしておいてほしい。

 

 

ここからは言い訳と反省。まずは、緊張はあまりしなかったということを伝えたい。俺のプライドが、緊張のせいであの事件が誘発されたと認識されることを許さない。緊張でやらかした奴というレッテルを貼られるのが嫌だった。俺は、落ち着きグランプリがあれば全国100本の指に入るくらいには、自信がある。良く言えば、何事にも動じない強メンタル。悪く言えば、リアクションが薄くノリが悪い。そしてなにより最大の原因は、朝の目覚めが良すぎたこと。そこで運を使い切ってしまったことが事件の9割を占めているといっても過言ではない。

 

 

反省は、傾きの修正を全くと言っていいほどしていなかったこと。いわゆるノーコントロール。俺は、傾きを直すときに手を引き気味だという指摘を受けていた。これに加えて、西ランは遠いという情報を持っていた。飛び立った俺が出した結論は、手を引いて修正をすると高度が下がって、ランディングに届かなくなるかもしれない。「そうか。ずっとニュートラルにしておけば良いのか。」というアホみたいな答えだった。つまりハンググライダーにサルがぶら下がっているのと同じなわけで。そりゃあ一回転するな。よくよく考えたらなんのために講習場で傾き修正の練習をしたんだと。自分の無知さと頭の悪さに腹がたった。

 

 

そんな俺にも先輩たちは駆け寄ってきてくれて、頭をたたいてくれた。その時、ハンググライダーやってよかったな。Sylphに入ってよかったな。と思った。悔しさとか恥ずかしさとかいろんな感情が入り混じっていたけど、何よりまず達成感を感じられた。やってやったぞ。俺は空を飛んだんだ。

 

 

お助けサーマルのおかげでなんとかランディング場までたどり着いた俺に、講習場への強制送還が言い渡された。なるほどね。大門さんに奢ってもらったかき氷を食べながらいつもと同じ場所へ向かう。そうして俺は懐かしき斜面へ舞い戻った。

 

 

 

 

 

 

 

初飛び後の俺が調子に乗って書いたやつ。

次の山飛びで田んぼ沈するとも知らずに…。

 

 

 

 

 

俺的初飛びポイント

・基本的に空中は傾き修正さえすればニュートラルでOK

・8の字旋回は思っているよりもバンクがつくけど怖がらずに

・自分の考えはすべて捨てて大門さんの操り人形となること

 

 

 

 

 

ファイト!!りき!

そしてまだ見ぬ後輩たち!

 

 

I LOVE SYLPH!!!

カテゴリー: その他 | コメントする

クリスマスファンの皆さまへ

こんにちは〜。東工大1年の加藤です。

全然部活行ってないので私のこと知らない方が大半だと思いますが、ブログは書かせていただきます。

お願いします!

 

私は最近バイト三昧の日々です。

試験勉強と最終課題に追われていた11月に、「12月になったら時間もできるしバイトいっぱいできるだろ!」と思ってシフト提出したのですが、試験が終わったからといって課題がなくなるわけでもないですよね。

きついです!笑

 

あと最近謎に霜降り明星にもはまっていてたまにYou Tubeで動画見たりしてます。

私のおすすめ貼っときますね。これです。↓

粗品 せいや

 

 

話題は変わりますが、クリスマスが近づいてきてますね!

クリスマスを愛してやまないクリスマスファンの方々は落ち着かない日々を送っていることでしょう。

今日はクリスマスに関係するウェブサイトを一つ紹介して終わることにします。(これを言いたいがためにこのブログを書きました笑)

このサイトは「Is it Christmas?」と言う名前で、その名の通り今日がクリスマスかどうかを教えてくれます。名前を押すとサイトまで飛べます。

クリスマスまであと10日を切り、毎日そわそわする方は、このサイトをブックマークするなりして正気を保ちましょう。

 

多くの方々にとって、書いている人が誰だかわからないブログだったと思いますが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

それでは!!

カテゴリー: アドベントカレンダー | コメントする

溝の口周辺のラーメン屋

只今12月14日8時15分。

おはようございます。ブログリレー13日担当だった篠原 旭です。

いや~寝過ごしましたね。

今の今まで寝てました。それはもうぐっすり。

すみませんでした。まだ1限始まってないんでセーフってことにしてください。

 

 

本当はゆっくり書きたかったんですけど、2限が対面かつ今日の正午までに提出の課題が残っているので時間がありません。今も課題と並行して書いています。

課題が残ってるのに何で寝てたんだって?

人間睡魔には勝てないものです。

昨日の私は私から叱っておくので許してやってください。

 


 

とまあ長々と謝罪を書いても何も始まらないし、何ならもうすぐ1限が始まる時間になってしまうのでさっさと本題に入りましょう(お前が言うな)

改めまして、宜しくお願いします。

最近「あさひ」という名前の友達ができたために、学校ではまがい物の方の「あさひ」と言われた 篠原 旭 です。

本名の方で呼ばれる機会が増えたために、最近久しぶりに行った足尾であさひと呼ばれてもとっさに反応できませんでした。頭がこんがらがりそうです。

まあでもあさひと呼ばれるのは気に入っているのでそのままでお願いします。それに今更変えろと言われても皆さん厳しいと思うので。頑張って慣れます。

 


 

先ほど久しぶりに足尾に行ったといいましたが、実に4か月ぶりの講習場での講習した。

前回のブログで「夏までには飛びたいな~」とほざいておきながらこの始末。

いや本当に飛ぶ気はあるんです。ただ予定が合わなかっただけで…。

(予定は合わせるものだろう、という突っ込みはやめてください。本当に刺さります。)

 

そのため足尾について書けることがほとんどありません。

なので足尾に行けなかった期間よく行っていた溝の口周辺のラーメン屋について紹介したいと思います。

どこに需要があるのかはわかりませんが、興味を持ったら私の家に来てください。

連れていくんで。

 

 

・麺屋 こころ

東工大の方は聞いたことがあると思います。

そう大岡山にあるのと同じ油そばのお店です。同じクオリティーです。おいしいです。

ラーメン屋と言ったな。あれは嘘だ。

 

……まあメニューにラーメンもあるんでセーフです。

無料の追い飯あり、その量の絶妙さといったらまるで孫の手のよう。

微妙に満たされていないお腹を満たしてくれます。

 

高田馬場、池袋といったように案外いろいろなところにあるみたいなので、見つけたらぜひ入ってみてください。

 

 

・むつみ屋

焦がし味噌がおいしいラーメン屋です。

北海道出身で味噌ラーメンに厳しい友達がおいしいと言っていたので、味に間違いはないと思います。

セットに付けられるネギ焼豚丼もおすすめです。

 

・鴨だしらぁ麺 轟

1番おすすめです。

名前にあるようにダシは鴨でとっているのですが、

これがまあさっぱりしていて、濃いラーメンが苦手な人でもおいしく食べられます。

後輩3人連れて行ったら、3人全員から高評価。「1番来ました」との言葉もいただきました。

サービスで掛けてくれる柚子も鴨だしといい相性なので、是非かけてみてください。

 

 

ラーメン以外には「白いカレーうどん」が名物なお店があります。

その話はまた今度とさせていただきます。今はただ時間がないんです。

 

どのお店も写真がないのは勘弁してください。本当に時間がn(ry

それでは私は授業に行ってきます。

次は足尾で会いましょう。

ばいばい。

カテゴリー: その他 | コメントする