アイスじゃん必勝法

年が明けたらFXを始めて、6年後に億万長者になる予定のaです。
親バレ回避のため名前伏せます。アドベントカレンダーみたら分かるからいいよね?

アドベントカレンダー12/12を担当します。内容は

アイスじゃん必勝法

です。

 

 

アイスじゃんとは・・・足尾帰りにドライバーの休憩のために寄る柏のセブンイレブンで行われるアイスを賭けたじゃんけんのことである。アイスや軽食を食べたい者がじゃんけんをし、買った者から抜けていき最後の一人が全員分の料金を支払うというルール。負け額集中型のギャンブルのため参加人数が多いと負け額が3000円以上にも昇ることがあり、負ければたった百数十円のアイスのために何千円も払うことになるので、金銭的にはもちろん精神的にも大きなダメージを負う。しかし勝つ確率の高さとその恍惚感、敗者の絶望した顔を拝みながら無料でアイスを食べる優越感から、足尾人の多くがこの残酷なギャンブルに興じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足尾に行けば毎度のように行われるアイスじゃん。勝てば無料でアイスが食べれますが、負ければ大きな出費。負けたら楽しかった足尾もそのせいで最悪の気分で終わってしまい、向こう一週間は大学なんてとても行く気分にはなれません。

このような事態を回避するにはじゃんけんで負けなければいいのです。今回は、アイスじゃんで負ける確率を少しでも下げる方法がないかを考えていきます。

 

 

 

 

 

ネットで「じゃんけん 必勝法」と調べると、心理学や統計学の観点からじゃんけんの必勝法を考察している記事が数多くありました。それらから使えそうなものをまとめました。

 

 

 

1.最も出されやすいのはグー

じゃんけんは「グー」「チョキ」「パー」の3つの手から選んで出すのでどれも三分の一、33.3%の確率で出されそうなものですが、実際に統計を取ってみたところグーは35.0%、チョキは31.7%、パーは33%となったらしいです。

また、人は緊張していたり、余裕がない状態であればあるほどよりグーを出しやすいみたいです。
AKBがじゃんけん総選挙でどんな手が出されたのか統計をとったところ、最初にグーが出された確率は
・1回目 29%
・2回目 31%
・3回目 44%
・準決勝~決勝 79%
と、決勝に進むにつれて高くなっていったのです。

昔やっていたキムタク主演の脳科学ドラマ「MR.BRAIN」(なつかしい!)でもこのことが紹介されていましたが、そこでは、緊張感や不意を突かれるなどで次出す手を考える余裕がない場合、力んでしまうこともあり、グーでグッと握った構えをそのまま出す傾向があるからだと説明されていました。

アイスじゃんも負ければ数千円の出費となってしまうので、特に人数が少なくなってきた終盤ではこれが使えそうです。

謎団体「日本じゃんけん協会」より。

 

2,あいこには負ける手を出す

人は無意識に偏りがないように手を出そうとするので、同じ手を続けて出すことは少ないそうです。相手が「パー」を出してきてあいこになった場合、次は「グー」か「チョキ」が出されやすいということなので、こちらは「グー」を出せば負ける確率は少なくなる、という考え方です。

「最初はグー」の掛け声でじゃんけんをした場合に最初に何を出すかの実験をしたところ、グー以外が出された確率はなんと82%!
「最初はグー」で始める場合は初手には「チョキ」を出すのが良いようです。

 

 

3,勝った手は続いて出される

1発勝負じゃないじゃんけんの場合、勝った人はその次も同じ手を出してくることが多いそうです。

勝ち抜けのアイスじゃんでは使えなさそうですがこの逆もあり…

 

 

4,負かされた手を出しやすい

2回以上連速で負けた人は、その次にさっき相手が自分を負かした手を出しやすいという統計データがあります。

つまりアイスじゃんでは、1度負けた時は次にさっき勝った人の手に勝てる手を出せば勝ちやすいということです。

 

 

 

 

以上のことまとめると

・基本的には「グー」が出やすい。緊張、力んでいたらなおさら。

・初手は、「最初はグー」で始めるなら「チョキ」か「パー」、いきなり「じゃんけんポン」ではじめるなら「グー」がでやすい。

・あいこになったら、さっき出した手に負ける手を出す。

・2回戦以降、初手は前回勝った人が出した手が出されやすい。

 

これらを応用し、多人数じゃんけんに発展させたアイスじゃん必勝マニュアルを作って見ました!

 

 

 

 

 

 

アイスじゃん必勝マニュアル

前提として、自分がじゃんけんの音頭をとっているとします(←大事!)

・1回戦

(1)「最初はグー」で初めて「チョキ」を出す。
(2) あいこになったら、その時最も多く出されていた手に負ける手を次に出す。
(3)以降(2)を繰り返す。

・2回戦以降

(1-1)前回勝者が「グー」で勝っていた場合、最初から「じゃんけんポン」で始め、「パー」を出す。
(1-2)前回勝者が「チョキ」で勝っていた場合、「最初はグー」で始め、「グー」を出す。
(1-3)前回勝者が「パー」で勝っていた場合、「最初はグー」で始め、「チョキ」をだす。
(2)以降は1回戦(2)のあいこ戦術を繰り返す。

・最後の2~3人まで残ったら、あるいは最初から人数が少ない時は

間髪いれずに「じゃんけんポン」で始め、「パー」を出す。相手の緊張を煽るために挑発行為や、負け額を口に出して確かめてみたりとかするとなお良い。

・何が何だか訳分からなくなったらとりあえず「パー」を出しておく

 

 

 

 

これでアイスじゃんでの負けは激減するでしょう。重要なのは、上で挙げた1.~4.の条件に多く当てはまる状況を作るということです。そのためにじゃんけんの音頭をとることは必須と言えます。

 

 

 

 

しかしここまで語っておいて実際に勝てなければ机上の空論!!なので実践してデータをとろうと思ったのですが、先週の足尾では帰りのバンで爆睡してしまい、気付いてセブンに駆け込んだ時には時すでにマサし…。

しあがったので万札崩すために買ったうまい棒を山田の自車に装着

 

なので他でデータをとらなくては。

 

 

皆さんHIKAKINさんは知っていますよね。HIKAKINさんの動画の最後では、ほぼ毎回視聴者とのじゃんけんコーナーがあります。
僕はHIKAKINさんのファンで、動画もよく観るのですが、このじゃんけんコーナーで出される手のデータが使えそうと思い、12月9日投稿の動画から直近の100動画で出された手の統計をとってみました。

 

 

 

統計によると、直近100回中各手の出された回数は…

・グー 33回
・チョキ 36回
・パー 31回

法則とは全然違いますね。上の法則たちは出す手にその瞬間の人の心理が影響するものと仮定したものなので、あらかじめ出す手を決めているHIKAKINさんのデータはあまり参考にならない可能性が高いのかもしれません。逆に言えば、上で考えた必勝法が正しいなら、「あらかじめ出す手を考えておく」というのがこの必勝法への対抗策となるのでしょう。

HIKAKINさんはやっぱり思慮的!

 

 

 

 

しかしHIKAKINさんにも出す手の傾向が全くないわけではなく…。
他のYouTuberとのコラボ動画や、兄のSEIKINさんとの動画のじゃんけんコーナーでは、HIKAKINさんとその共演者が一緒に同じ手を出すのですが、この状況に限り統計を取ったところ…

・グー 14回
・チョキ 17回
・パー 5回

と、パーを出す確率だけ異常に低かったんです!!
人によって出す手の傾向なんかも分析できれば、よりこの必勝法の確実性を増すことができそうです。

 

 

 

 

 

 

 

以上、ネットで調べた情報を僕なりに応用して考えた必勝法でした。最初にも言いましたが、この必勝法は「必ず勝てる!」というものではなく「負ける可能性を少しでも減らす!」というコンセプトになっています。全員が何も考えずにアイスじゃんをした場合は、じゃんけんは平等なので期待値は0(無限回やれば勝ち額=負け額になる)ですが、この必勝法を使えば常勝とはいかないものの期待値が少しだけプラスになるかも?ということです。

 

アイスじゃん平均参加人数を8人、平均負け額を1050円(一人150円のアイス)とし、僕がこの必勝法を使い負ける確率が理論値12.5%から10.0%に下がったとすると一勝負あたりの期待値は、150×0.90-1050×0.10=30円となります。一回のアイスじゃんで平均30円勝っているということになりますね。

日本の国家予算を400兆円とすれば400兆÷30≒13兆回のアイスじゃん、つまり年間52回のアイスじゃんをするとすれば13兆÷52=2500億年で日本は僕の思い通りになります。

しかしそれができないよう神は人間の寿命を100年程度に設定しました。一人が突出することのないように制限をかけ平等としたのです。

 

 

平等という平和を作り出した神に感謝して、今日も大学に行かずに眠ります…。

カテゴリー: アドベントカレンダー | コメントする

20年の人生を振り返って

どうも。ハチドリ(2年)の脇村です。
よくわきそんと呼ばれてます。名前を違う読みで呼ぶのが流行って、村を「そん」って呼ばれるようになったのがきっかけでした。気づいたら10年間以上わきそんと呼ばれてます笑
趣味について簡単に話します。今までに主にハマった事は、ピアノ、将棋、ポケモン、麻雀とかですね。ピアノは独学で一音一音覚えながらやってるので、正直効率が悪くて悩んでます。ゆっくりなクラシック位しか弾けませんが、すごく楽しいので今でも続けてたりします。
将棋ですが、小学生の時に将棋クラブに入ってました。初段のおじさんに勝ったことがあるので、自称初段です笑。誰か指しませんか。
ポケモンは、今でもたまにやります。何歳になってもポケモンはずっと楽しい!
大学に入って麻雀を覚えました。危うく不健康麻雀にハマりかけましたが、周りが強すぎて引きました(∩´﹏`∩);:
20年の人生を振り返って、いろいろなことに興味を持ってきたけど、なんだかんだ言って、足尾に行くのが1番の趣味です(本当に)。
この部に入って本当に良かったと思ってますが、最近は極貧なのであまり足尾に行けてないですね。ハングハーネスという新しいハーネスにする前までは割と順調でした。が、ハーネスを変えてからというもの、操作が下手すぎて深刻に伸び悩んでます。ハングハーネス1本目で水を張った田んぼに落ちたことはずっと忘れないと思います笑。人生がガラッと変わった日です。
飛びが下手すぎて、一時期は引退しようかなとさえ思ってましたが、足尾に来ることは時が経つにつれてどんどん楽しくなってるので、これからも精進して行こうと最近は思うようになりました。
明日の部会から(恐らく)sylph部長になりますが、どうか過度な期待だけはご遠慮下さいm(_ _)m
今年度のsylphOB会の幹事もやってますので、ぜひ参加してください!
日本語不自由でしたが読んで頂きありがとうございます~
それでは。

カテゴリー: アドベントカレンダー | コメントする

お買い物

どーも丸山だよ。知らない人は初めまして、知ってる人は久しぶりだね。

アドベントカレンダーって、要はこの人とこんな楽しい遊びをしたとか、こんな新しい発見をしたとか、足尾の魅力を発信するとこだと思うんだけど、今日は特に家族以外の誰とも会ってないからテキトーに僕の過ごした一日を紹介するよ。

まず大学にいって、授業を受けてそれから部室に行ったよ。結局朝から昼までずっと寝てたから全然記憶にないね。

次に、ウチに帰って自車を出してきたよ。実をいうと、今日は母親の誕生日。プレゼントを買いに行くためだね。

デパートについたら厚化粧のおばさんと暇そうにイスで待ってるおっさんがわきまくってたよ。20代は全然いなかった。フロアをぐるぐるした結果、フェイラーのタオルにした。定番のデザインがリースの形になってるやつを選んだよ。

そんで、これだけで帰るのもアレだからデパ地下の試食コーナー巡りもしたな。もずくスープなんて珍しいもんを貰ったから勢いよくあおったら熱くて舌を火傷した。許さん。
あとツイッターで流れてきた簡単チョコパイのことを思い出したから材料も買ったね。

ついでに、たまの遠出だし、自分の買い物もしたよ。ヤマダ電機にいってFMトランスミッターを買って、ニトリに行ってウォールインテリアとひざ掛けを買ったよ。アマゾンで買ったサバゲ用の銃パーツも届いて満足。今日はいろいろ買ってしめて2万ちかくしたからしばらく昼飯は抜きかな。

それでウチに帰って、オーブンでチョコレートパイを作り始めたよ。200℃で十分、あとは180℃でテキトーに。香ばしい匂いが家中を包んでたまらなかったな。パイの切れ端もザラメを乗せて有効活用。

家族が揃ったらハッピバースデーで誕生日会の始まり。僕の母も早いもので5◎才になりました。もうババアだね。誕生日ケーキにはブルーベリータルト。めちゃくそ甘すぎて一切れで十分だった。
あとは飯食って、プレゼント渡して、だらだらして、解散。

最後に一日の〆にゲームをバリバリやってたところにウチの部長から横槍が。
あーそんなのもあったね、と今日が昨日になったところでこうして書いてる次第。

シルフ部員ってのはオフの日はこんな感じのテキトーな過ごし方をしてるんだよってのがわかってもらえればとっても書いた甲斐があります。

みんなはもっと面白おかしい爆笑必至のブログを書いてくれるらしいので続けて見てって下さい。

無駄に長くなったけどこれでおしまい。

うんち!

カテゴリー: その他 | コメントする

伝説の龍の落とし物

これは遠いいにしえの時代の話。

 

 

 

ある寒い日の朝。友人のフジータに連れられて、俺はツクーバ山脈の麓にあるナサップ村に来た。先日このナサップ村では古代滑空兵器「アトラス」と「ファルコン」が発見されたそうで、村民たちは毎日コーシュー城に赴いては滑空術の研究をしているらしい。

 

 

 

ナサップ村の役場に入ると、2人の男が中央のテーブルに置かれた地図を囲んで話をしていた。イタサン村長と戦士タカモンだ。

 

 

イタサン村長
「おお、よくぞ来てくれた。これが、伝説の神龍ミドガルズオルムが落としたという龍の玉のありかを示した地図じゃ。」

 

 

地図にはツクーバ山脈とその周辺が描かれており、その上にクネクネした一本の曲線が引かれていた。

 

 

イタサン村長
「この奇妙な曲線は神龍ミドガルズオルムが飛んだ軌跡、GPSフライトログじゃ。」

 

(GPSフライトログってなんだ!?)

 

その「GPSフライトログ」なる曲線の中で、同じところをグルグル周ってできたと思われる円があり、その円の中心に×印が描かれていた。ツクーバ山脈の西側のかなり深いところだ。

 

 

フジータ「その×印のところに龍の玉があるんですね!」
イタサン村長「その通りじゃ。」
戦士タカモン「しかしその×印のあたりはとても険しく、容易には立ち入れない。」
イタサン村長「うむ。みな十分に備えが済んだら出発じゃ。」

 

 

馬車でウワソ峠を超え、ツクーバ山脈の西側に来た。今は使われていない山賊の小屋があったので、そこに馬車をとめて徒歩で山に入った。

 

 

想像以上に険しい。ヤブが生い茂り、落ち葉と枯れ枝で足元は滑りやすい。途中何度も倒木や崖や川に阻まれた。
一番後ろを歩いていたフジータが俺の肩をたたいた。

 

フジータ「拭くもの持ってない?」

 

 

俺はリュックの中を探り、残り2枚ほど入った「携帯用ちり紙」を渡した。

 

 

フジータ「足りない分は落ち葉で何とかするか・・・。」

 

 

そういってフジータは茂みの中へ消えた。
落ち葉で何とかする?どういうことだろう。そういえばさっきお腹の調子が悪いとか言ってたな。

 

 

 

太陽が昇り切ったころ、GPSフライトログで描かれた円に到着した。

 

 

イタサン村長
「龍の玉は落とした時の勢いで×印の周辺に転がってしまっただろう。玉はこの円の中にあるはずだ。ここからは手分けして探そう。」

 

 

現場に来て分かったが、円の中といってもかなり広い。ナサップ村の宿舎の敷地の位はあるだろうか。全員が内心「見つからないだろう。」と思いながら探していた。

 

 

と思ったらあっさり見つけた。俺は落ち葉の絨毯の上に粉々になった玉を見つけるや否や、みんなに聞こえる声で叫んだ。
「あったぞー!!」
「「「えーうそーー!!」」」
玉のところにみんなが集まった。

イタサン村長
「割れてしまっているが、破片を持ち帰って作り直そう。見つけた褒美として、選ばれた者だけが入れる楽園「ソープアイランド」に連れて行ってやろう。」

 

 

 

 

 

この物語はフィクションです。

カテゴリー: その他 | コメントする

sylph部室!!

皆さんどうもこんばんは!NPになれずにぶっ飛びフライトを繰り返している畔柳です。

アドベントカレンダーの四日目を任されましたので、今日は飛びの話ではなくシルフ部室についてお話ししたいと思います。

皆さんはシルフ部室を利用されたことはありますか??東工大はセキュリティが田舎並みに低いので誰でも東工大に入ることができます。シルフ部室は東工大のサークル棟の二階にあります。

このシルフ部室の魅力に気づいてから僕は頻繁に利用するようになりました。

この部室、一番の魅力は何と言っても24時間利用できることです!(非公式)

先ほども言った通り東工大はセキュリティが甘いので24時間いつでも出入り自由なんです。次の日に授業があるけど遅刻しそうだな〜って思うことありますよね。そこで部室に泊まればあら不思議!授業開始10分前に起きても遅刻しないんです。朝に弱い人にとっては夢のような場所ですね。

 

他にも魅力的なところはあります!例えば家具家電の充実っぷりです!

一人暮らしに必要なものなら大抵あります。電子レンジ、冷蔵庫やパソコンはもちろんのこと、この部室はさらにエアコンも完備!!1年中使いたい放題です!!夏は涼みに、冬は暖を取りに来るので昼休みは賑やかになりますよ。

近くに夜の1:00までやっている銭湯があり、また裏技を使えばタダでシャワー室も使えるのではっきり言って住めます!!というか実証した人がいます!(現在イントラをしているK氏は数ヶ月シルフ部室に居候している伝説が)

そう言えば今年もある方がクリスマス会を考えているそうなので部室でクリスマスパーティをやるかもしれませんね〜

 

まだあります。この部室、娯楽要素もすごいんです!!

ゲーム機で言いましたら、PS2,PS3,Wiiなどゲームのソフトのバリエーションも豊富です。ボードゲームも山のように積まれていますし、果ては東工大のサークルに3つしかないと言われている自動麻雀卓も用意されています!この自動麻雀卓は2015年の秋の頃、足尾の麻雀好きな有志十数人がお金を出し合い手に入れた宝物です。(今もたまに夜な夜な楽しく麻雀をする声が聞こえます。タノシイデスネ)

語れと言われたら無限に出てきそうなので今回はこのくらいの紹介にしておきます。まだシルフ部室を利用してないそこのあなた、よければ一度足を運んでみて下さい!

 

年明けくらいにPS4も入荷する予定・・・・・・

カテゴリー: アドベントカレンダー | タグ: | コメントする