パラ学に参加したよ

東工大 3 年の相澤です。

大学生活も順調に行けば折り返し地点というところで、光陰矢の如しといったところでしょうか。一昨年の大江戸温泉以来の投稿で、久しぶりのブログ更新となります。実は今年度の新歓直前からサイトの管理を担当しておりまして、新歓情報のほか、このブログも含めてちょこちょこと変更していました。

(ガラケー版ブログの廃止とか最近流行りの https 対応とか、あまり目に見えないところの変更もしてます。後日これについても記事を書くかも。)

さて、遅くなりましたがタイトルの通り、2/28~3/3 の 4 日間で開催されていました、パラ学こと 第21回全日本パラグライダー学生選手権 in足尾 に参加してきました。学生選手権というだけあって年度末を締めくくる一大イベントのはずなのですが、例年と比べると参加者は少なかったようです。今年度はシルフ部員は全員、3 クラス中一番下のクラスである 2nd クラスでの参加となりました。大会そのものは 4 日の日程で行われ、前半 2 日が成立、3 日目は雨、4 日目は西風 (今回はメインランディングしか使えない) のため不成立という状況でした。シルフ部員の結果は、個人 2nd クラスの優勝はハチドリ(2 年生)の芥川、 準優勝が私、団体戦は、優勝はフラミンゴ(3 年生) 3 人の「シトフラ」、第 3 位はハチドリ 3 人の「はるかすとそのとりまきたち」 となりました。expert (, 1st?) の方は参加した人に、4 位以降のシルフ部員の結果は Record を確認してください。

さてさて、当日の記憶を辿りながら実況していきましょう。

Day 1

初日、早朝にランディングで集合してから実行委員長の目次による開会宣言。実は実行委員長は選手として出場もしているというなかなか慌ただしい状況だったのですが、イントラの監督のもとでスタッフの方々に管理していただいたので、結果についてはご安心ください。

まずは 1 本目。ブリーフィングが終わり次第ゼッケン番号順に飛び立ちます。一本目ということでイントラの板さんから誘導をもらいながらランディングします。この回、私は残念ながら得点範囲内となるターゲットの中心から 20m 以内に入れず、記録なしとなってしまいました。

この後機体を畳んでリフライトへ。2nd クラスは各フライトでのランディングの合計得点で競うため、いかに多くフライトできたかが鍵となります。このため選手はすぐに機体を畳み直後の山上げバンに載せられるよう、普段より急いで畳みます。

そして 2 本目。この回はやや強風だったということもあり、高めのランディングを行いました。幸い風は安定していたため、ターゲットを見定めながら降りていき、ターゲットの中心を踏むことに成功しました。ターゲット上に降りること自体初めてだったため、中心を踏めた際には内心驚きつつもとても嬉しかったです。精神的にも風向きが変わりましたね。とは言え 3 本目は 20m 圏内に入れず、4 本目のリフライトにも 1 分差で間に合わず、この日はターゲットを踏んだ一本のみに終わってしまいました。あの時の写真撮ってて欲しかったな。

Day 2

2 日目は強風に加え晴れてサーマルコンディションとなり、ランディングが恒常的に荒れていたため、普段であれば良いとは言えない、大会としては差が付きやすいコンディションでした。このため、大会としては朝方に一人怪我人が出るという残念な結果となってしまいました。一方、個人としてはこの日はすべて 20m 圏内にランディングでき、ここで順位の巻き返しに成功しました。やはり難しいコンディションほど成功したときの快感は大きいですね。

大会 2 日目終了後、大会では恒例のレセプションが行われました。詳細はこの場では割愛させていただきますが、他エリアのフライヤーや、ハチドリを中心に足尾内でも関わりの多くなかった人たちと交流できる貴重な機会となりました。

Day 3

雨のため大会は不成立となり、午前にイントラの瑠璃さんによる安全管理とソアリングの心得について座学を受けました。午後は各自自由行動だったため、私は遅めの昼食の後、石岡にある健康センターへ初めて行きました。広々とした休憩室でゆったり過ごせ、前半 2 日分の疲れはすっかり取れました。他の選手もつくばなどへ出向いて各々楽しく過ごしていたようです。

Day 4

この日は西風でしたが、飛べる可能性に賭けて一旦山に上がりました。しかしやはり風は厳しいということで山を下りグラハン講習へ。モーパラでクロスの立ち上げ練習を行いましたが、風は強くなる一方で結局 30 分ほどで帰着となりました。

このため結果は前半 2 日分で決まり、選手はこのまま表彰式へ。

結果は既に挙げたように、準優勝となりました。一方、競技としての結果だけでなく、B 級をとってからおろそかになりがちなランディングアプローチを改めて意識する、良い契機ともなりました。また来年、今度は上位のクラスで高成績を取りたいですね。

では、また足尾で。他エリアの方々は、また大会などでお会いしましょう。

カテゴリー: 大会 | コメントする

お車を買った話

最近ゲームをしたさはあるものの、がっつりやる時間はないということでインフレ系放置型ゲームアプリにハマっています。どうも、墨です。

学科のほうやら新歓やらでまとめる時間がなかったですが、落ち着いてきたので新しい車を買った話でもまとめようかと思います。(大変遅くなりました)

 

事の発端は1月下旬ころ。SYLPHのドララインに一本の通知が…。

「ぼんご が おほしさま に なったよ」(一部表現を改めた)

この通知が来たとき、ぼくは授業中だったのですが、授業を妨害するような溜息をついてしまいました。期末試験、新歓の準備、アメリカ巡検の準備と忙しい時期にヘビーなタスクが舞い込んできてどうしたものかと。

しかし、誰一人お星さまにならなくてよかったです。

さて、ボンゴの後処理は当人に任せるとして、我々が一番危惧していたのは…

『大会、新歓、バン足りる?』

という問題です。ボンゴはAT、キャリア付きの8人乗りハング車なので

  • 春のハングの大会、ツアーで必要なバン
  • 新歓では去年と同様、部車3台フル稼働する見込み

でした。大会、ツアーはJバンがあるのでまだ大丈夫そう(大丈夫じゃなかった)でしたが、新歓はやっぱり足りないかな…?

 

新しい車、必要じゃね…?

 

同日夜、さっそくSYLPHドラの有識者会議が行われ、今後の方針を固めました。

車を買うというのは普段のスーパーのお買い物とはわけが違いまして、考えなきゃいけないことは

  • 予算
  • 車庫証明
  • 車両名義人
  • 保険名義人
  • 希望に沿った車があるかどうか

といったところでしょうか。車を買うなんてものは人生初だったのでわからないことだらけ。それでもSYLPHの先輩ドラ(tkさんnkさんなど)が協力してくれてその日のうちにどの車を買うか目星をつけるとこまでいけました(ありがとうございました)。

さっそくディーラーに連絡を取ると、車についての詳しい説明がずらーーっとメールで返ってきました。とっても親切…!

下見日を決め、いざ下見当日。

2月中旬の朝、まだまだ寒さが厳しい時期でしたが、大学にレポートを出してきてから出発。

ディーラーは柏のハイエース専門店。到着すると、ハイエースがびっしり敷地内に並んでおりました。

お目当てのハイエースとご対面。白っ!でもなんか親しみのあるボディ。

ハイエース100系Sカスタム最終型

さっそくエンジンをかけようとセルを回すもかからず…。なんと、バッテリー上がり。笑

すぐにバッテリーをつないでもらって回復。仕切り直してエンジン点火!

シャッシャッシャ、ブオオオオン…ブルブルブルブル…

おお…いつもとそんな変わらないのになんかドキドキ!

しっかりエンジンはかかったので他に欠陥がないか我々の監査が始まります。

すると後ろのオーディオが聞こえなかったり、ハザードランプが切れてたりといろいろ発見。納車までには全部治してくれるとのこと。

欠陥部分がないかチェック

さらに、敷地内を少し運転しても…うんいつもとおんなじ!ハイエース!Yeah!

他に問題はなさそうだし、もともと買う気持ちで来ているのでそのまま購入手続きへ。

書類関係はjnさんにお願いして手続き完了!(ありがとうございました)

納車日は3月頭になるとのこと。アメリカ巡検もそのころだから帰ってきてからのお楽しみということで一応ここでひと段落つきました。

ひとつ仕事が終わったので最近できたというショッピングモールで昼食、くら寿司で夕食をいただきました。

ショッピングモールの巨大チェス

くら寿司

なかなか楽しい下見ツアーでした。これで思い残すことなくアメリカに行ける!アメリカから帰ってきたら納車だ!

…と意気込んでアメリカに旅立ったぼくですが、巡検中に足尾で事件発生…。ここでは割愛しますが、すぐにカムタムを取りにいかなきゃいけなさそう!汗

幸いにも、納車の準備はできてるそうでnkさんが大岡山から電車で柏まで行ってくれました!とても助かりました。

納車してその日のうちにキャリアつけて完成!さっそく春のツアーに活躍してくれました。新歓も大活躍!

部車とはいえ自分が部長のときに購入した車はとても愛着がありますね。大事に使ってやってください。

愛称は「カムタム」!その由来は…

スーパーカ”ム”タム…???

 

 

P.S. 当時、ボンゴの幽霊が巷で噂されました…

 

 

SMISKI

カテゴリー: バン | コメントする

修了したよ

とーちかです。無事修士号とれました。計6年間学生をしていたことになります。

現在 ハングはXCP証で250~300本くらい、パラは15本くらい飛んだのかな。
(A級→B級→(ハングはC級、パラはNP証)→ P証 →XCP証とレベルアップする)
フライト時間は150時間~200時間くらいかな?

機体はFALCONⅡ 170(シングル機)、Laminar R(ダブル機)と乗り継ぎ、今はLaminar Z7(角なし機)に乗っている。(下画像)
(シングル→ダブル→角なしとなるごとに、機体の性能が向上する代わりに操作が難しくなる。)

FALCONⅡ 170

LaminarR 今は後輩の板橋がのっている

Laminar Z7 お気に入りの写真 盛れてる

 

入った当初は、こんなにハングを続けると思ってなかったなぁ。
うまくなればなるほど、見える景色が変わっていくところが、ハンググライダー/パラグライダーのいいところの一つだね。
自分の成長が感じやすい。それが楽しいから、ずっと続けて来れたのだと思う。

例えば、夕日がきれいな中、ずっと飛んでいたり(3:00あたり)

新しい機体に乗り換えたり(たいへんわかりづらい。インストラクターの発言が嬉しい(当然、飛んでる自分には聞こえてない))

新しいエリアで飛んだり(熊本県阿蘇山 大観峰)(一番綺麗なのが25:20秒あたり)
(サムネイルのような空気の層は逆転層と呼ばれ、その上空は澄んで綺麗なのである)
(カメラの画面が曇ってて少しわかりづらい…)

ランディングがうまくいった時は、飛びの内容がダメダメでも満足感があったり

大会でレースしたり (URL先のマップのスタートボタンで比較できるよ。マップ上のHigh-resolution track logをチェックしておくと綺麗なログになるよ)
https://www.xcontest.org/world/en/flights/air-buddies#joint_flights=T.Tohchika/24.02.2017/03:34@flight_multi=1012420|1012423|1012451

 

うまくなればなるほど、あたらしい景色がまっていた。
でも感動は景色だけではなく……

 

学生大会に出れば、関西や東北、九州などの同期、先輩後輩と出会って、また次の大会で会って、会うたびにお互いうまくなっていて、仲良くなり、
飛び終わった後、飛びの内容について語り合ったり、
そのうち大会関係なく遊びに行ったりした。

2017年3月の学生大会二日目、ゴールした全国の友達と!

 

入賞したときは正直嬉しかったし、入賞できなかったときは悔しかった。

2013年団体戦の表彰!上の画像のうち二人は同一人物。

 

大会(山形、和歌山、新潟、福岡など)やツアー(富士山を見ながら飛べる西富士/朝霧、熊本 阿蘇山、伊豆など)で、日本全国のエリアで飛んだし、現地の観光もした。

西富士エリアでは富士山に向かってテイクオフする!

 

社会人大会に出れば、今まで雲の上の存在だと思っていたベテランと一緒に飛んで、自分の未熟さを痛感したし、通用する技術があって自信を持てた。

インストラクターに怒られた時は悔しかった。
(滅多になかったが)褒められたときはその分嬉しかった。

同じ日に同じタイミングで飛んで、自分だけ上がった時、自分の技量が向上していることを実感して喜び調子に乗っていた。
その逆に一人だけ降りちゃったとき、悔しくて何が悪かったのが分析し、再度挑戦した。

同期や後輩と一緒に長時間飛べた時は、何故かとても楽しかった。
夕方に全然落ちず、しかし穏やかに夕日の中をずっと飛んでいる時は最高だった。

この先もまだ知らない感動が待っているだろう。
社会人になったら、今までのペースでは飛びに行けなくなるだろうが、自分のペースで、楽しく、安全に、ちょっと背伸びして飛べたらいいなぁ。

 

ハンググライダーを続けてよかったと、今、6年間を振り返って思う。

さらば。

 

 

 

カテゴリー: 飛び関連 | コメントする

かっぱかっぷに行ってきました!

ご無沙汰しています。中山です。大会のブログを書くのは去年の龍門以来かな?
今回は3/9(木)~12(日)に福岡県久留米市田主丸町の耳納連山で行われた「かっぱかっぷ」について書きますね。
結果とかログはこちら
足尾、龍門と並んで学生リーグの対象となる学生大会です。龍門は卒論と被ってて出られなかったので久々の大会でした。
大会名の由来は田主丸町には昔からかっぱ伝説があるとかで、その辺の道にもたくさんかっぱが居りました。

道端にかっぱ!

今回私の出場したクラスは3クラスあるうちの一番上のクラスで、決められたポイントを回る速さを競うクラスです。
まぁ私は卒論シーズン飛べていなかったので、安全第一で飛び、しっかりあがったらひとつずつ取りに行こうと思っていましたが。(B,C級生くらいが読むといいくらいの感じで飛びの内容を詳しく書きますね。講習生には早いかも。写真だけ流し読み推奨。)

<Day0>
3/8(水)移動日。7火の20:00くらいに東京駅を出発!
たとえ九州といえど、自分のグライダーを持っていくため部車で向かいます。
時間に余裕があったので途中で広島の宮島に寄り、厳島神社にお参りしました。

移動日は厳島神社に寄り道!

怪我なく安全に飛べますよーに。

<Day1>
開会式とエリア説明。
ランディングとテイクオフを回りました。
天気は良かったものの風向きがイマイチだったので競技はキャンセル。
お昼からは全国の飛び仲間と一緒に太宰府天満宮へ観光に行きました。

全国の仲間と太宰府天満宮を観光

全国的に交友関係が広がるのも大会の醍醐味ですね。
夜はクラブハウスで鍋を囲みました。
2階建てだったし、足尾の10倍は広かったです。

クラブハウスで鍋とカレー

<Day2>
Task:To→内山緑地→東の鉄塔→グライダー山→カゴメ→ゆうかり学園→ワコール→LD
大会2日目にして競技1日目。
この日は地元ラジオの取材も来ていました。
なんと生放送!飛べない日だったらどうするつもりだったんだろうか。

ブリーフィングの後ろでアンテナを立てるラジオスタッフ

WPマップ。線一つで3㎞です。

いい感じで風が強まってリッジがかかってきたあたりでテイクオフ。(リッジっていうのは山の斜面に風が当たることでできた上昇風にのるソアリングの方法ですね。風向に対して垂直な斜面で傾斜がきついところが効率良いです。)
西の鉄塔のあたりでGPSのナビゲーションを入れ忘れたことに気づき、ひとけのないところでスイッチオン。
TOからナビが始まってしまったので、TOへUターンして仕切り直し。
昔は写真撮影でポイントを回った判定をしていたようですが最近はGPS判定なんですよね。ある地点から400mの円柱内に入ればOKという感じです。
TO~西の鉄塔のあたりでリッジを取りつつ、内山緑地を取った後東の鉄塔へ。
山際が全体的にリッジで全然落ちないので、そのままグライダー山を目指すことに。
リッジと言えどLDから6kmとか離れるのが怖かったので1000mを切らないようにキープしつつちょっとずつ西に進んでいました。1000以上あげるなら結局サーマル頼りなんですけどね。
確か西の鉄塔から1つか2つ先の山の上の道のアスファルトのところからサーマルが出ててそこで1400くらいまで上がったんだっけ?
ちょこちょこあげつつ何とかグライダー山をゲット。確かこの時1000くらい。
次のポイントはカゴメでグライダー山から沖(山から離れる方)に3kmくらい。
滑空比10の単純計算で山より高く(600m残して)戻ってくるには1200くらいで出発したいなーと思っていたのですが、回しても上がらなかったので、あきらめてTO方向に帰ることに。(あとから聞いたらあの天気なら1000あれば十分行ってこれたらしいです。まぁ初のエリアだし仕方ないね。)

さて、カゴメをとるのをあきらめて大会的にはやることはなくなってしまったのですが、リッジで無限に飛んでいられるコンディションだったので、せっかくなので時間いっぱいまで飛ぶことにしました(笑)
夕方2ndクラスの人たちも東の鉄塔のあたりでリッジをとって飛んでいたし、1stクラスの人たちはテイクオフ周りを無限に周回していた(サーキットのタスク)ので、私はそれの邪魔にならないところでフリーフライトを楽しんでいました。
カゴメの代わりって言っちゃなんだけど、鷹取鉄塔も行きました。東の鉄塔1200で出て900くらいで帰ってきたかな?
その後うろうろだらだら飛んだあと、ランディングが混む前に降りようと思って16時過ぎに1000残してランディングへ向かうと900で到着しました。落ちない!(この日のタスクフィニッシュは16:30)
線路の先までちょっと回ってみてから降りました!
ほかの人たちはほとんどゴールしていたようで順位は低かったけど、楽しかったのでよし!
幅10㎞のリッジなんてなかなか取れないもんね。足尾でいうとつくば~つばめくらい。大岡山からだと東京駅までくらい。

Day2ログ

<Day3>
Task2:To→内山緑地→鷹取鉄塔→グライダー山→清掃センター→西の鉄塔→両筑橋→LD
テイクオフしてすぐいいサーマルにヒットして1400くらいに。そのまま雲の吸い上げで上がり続けてたけどちょっと怖かったので逃げる。13:15のスタート時刻にちゃんとスタートを切ってこの時1000くらい。テイクオフに戻りのさっきのサーマルで上げなおそうと思ったがなくなっていたので、山沿いのリッジで鷹取鉄塔を目指す。昨日の感じだったら1000あればいけるって思ってたのかな。ガンガン進んで戻ってきたら500くらい。帰るときもうちょい山によらないといけなかったよね。反省。テイクオフらへんのサーマルで800くらいまで上げなおす。
テイクオフから西の鉄塔でリッジを取り、900までしか上がんねーなーと思いつつ、落ちないでキープされるので、850きるまで西に進んで850切ったら折り返して上げなおす作戦に。
1回ではいけなかったので、昨日あげた西の鉄塔のちょい先で上げなおしてからグライダー山をゲット。ほとんどターンしてないはず。この辺で津田ちゃんと合流して手を振った~(^o^)
次の清掃センターは鷹取鉄塔からまっすぐ沖に3㎞と聞いていたのでとりあえず鷹取鉄塔を目指す。
東の鉄塔と鷹取鉄塔の間でいいサーマルがあったので回す。あげきる前にイケイケの角なしが来てしまったのでとりあえず逃げて清掃センターを目指してみるものの途中であきらめて引き返す。東の鉄塔のあたりで1200まであげて雲ができて落ちにくそうなタイミングで清掃センターを取りに行く。送電線注意のポイントだったけど900でとれたので問題なし。
山際に700くらいで戻り、TOと西の鉄塔の間でリッジを取りながら西の鉄塔をゲット。この時高度900くらいだったかな?スタート前に「名草さんがまっちょに山を1100で出発して両筑橋を400でとってランディングだぞ」といっていたので、もうちょい高度がほしかったです。それで、清掃センターをとったときに上げた東の鉄塔に行ってみて1200まで上げました。この時の時刻が15:10くらい。この日のタスクフィニッシュは15:30なのであと20分で両筑橋までの6㎞とそこからランディングまでの3㎞を飛ぶのかー。時速27㎞ならいけるかなーとか考えていました。
引き込むとスピードは出るんですが、その分高度ロスをしてしまうので難しいところですよね。
山から両筑橋までの6㎞は向かい風なのでなかなか進まず結構焦っていましたが何とか両筑橋に400でつけたので一安心。
帰りは追い風なので一瞬でした。15:25くらいに無事ゴール!!ぎりぎりでした。初ゴールうれしかったなー

角アリでゴールわーいの図

Day3ログ

3日目の夜はレセプション!会場が結婚披露宴で使われるところのようでやたらと豪華でした!

規模がでかい

運営サイド、相当頑張ったんだろうなあ。

右が今回の実行委員長のかっきー!
(上原さんではないよ)

<Day4>
風向きが悪かったので競技キャンセル。朝から閉会式。

エアコンのふたが開いてるのはご愛敬

実行委員長の涙にもらい泣きしてしまいました。いい大会だったなー。
いろんなグルメを堪能しながら昼からのんびり帰り、翌朝には足尾に到着しました。

今回の大会は天気にも恵まれ、最高でしたね!
飛び、交流、観光のバランスが絶妙でしたー。
来なかった人たちほんとにもったいなかったぞ(笑)
来年は2台バン出すくらいで行きましょー
ではまた。
カムタムは墨、新人戦は増田が書くのかな?
OB会と追いコンも書きたいね。

カテゴリー: 大会, 飛び関連 | コメントする

「ツアー」に行ってきたよ

ツアーに行ってきましたよ。
とてもファビュラスな旅でしたよ。

ここではツアーの行程とお金を中心に、メモっぽい感じで書きます!
(なぜしるふブログかって・・・?アドベントカレンダーが無事に終わったからこそですよ!)

【準備日①】31日(土) 年越し足尾

23:30 大岡山発
02:00 西友買い出し
03:00 宿舎着、寝る

08:00 起床
09:30 山上がる
中略!
12:30 西TO到着
14:00 パラでTO
14:30 西LD
16:00 ショップ着
まぁいつもの感じよ

朝昼タコ糸 800(タコ糸は西富士で飛ぶために必要)
ゆらのさと 700
晩ごはん自炊(猪豚鶏なべ) 800
翌朝飯 700

合計 3000

【準備日②】1日(日) 年越し足尾と西富士の準備と初詣

09:00 起床
みんな初日の出フライト行っちゃったよ。
09:15 ショップ着
のんびり朝飯
10:00 ショップ閉店
12:30 準備おわらせてショップ発
Jバン置いて杉下さんカーで巫女じまこ見に。準備、杉下さんも手伝ってくれて超助かった。
14:30 寒川神社周辺着
めっちゃ混んでる。
15:00 寒川神社入る
15:30 じまこ発見!
16:30 下條たち合流、めでてぇ。
17:00 寒川神社発
18:00 くら寿司
18:40 倉見駅
電車が凧で遅延した。
20:30 八王子駅でJバン&太田さん三竹さんと合流
22:00 河口湖そばのふろ泉水
牛乳じゃん負け。
23:00 泉水発
23:45 セブン
23:50 始祖鳥
24:30 就寝

電車で移動!

おまもり 500
すし 1200
牛乳じゃん 500
電車賃(倉見→八王子) 600
ふろ 800

合計 3600

【1日目】2日(月) 西富士初日!

07:00 起床
07:50 始祖鳥発
07:55 セブン
08:30 西富士安全セミナー(これを受けないと飛べない)

ランディング


09:00 山上げ
10:00 西富士TO到着
もうパラがバンバン上がってる!
12:00 テイクオフ
もっと早く出ればよかったな。
12:30 LDでだらだら

13:30 サブランめぐり
ナグランで撮影!

観光名所?


16:15 風の湯
17:00 風の湯発
17:45 うるおいてい
富士宮やきそばうまい!
18:45 うるおいてい発
19:30 セブンでおやつ
20:00 始祖鳥着
地元の方と太田さんとの対話がもはやセミナー。超勉強になったし考えさせられた。
23:00 就寝

太田さんのおはなし勝手にメモ
・上昇型のフレアとストール型のフレア
⇒上昇型は京ハンスタイル。体が寝て(45°)ても起きる。つまり体を起こすだけのエネルギーを残さなきゃならない。つまりスピードが必須。
⇒ストール型は体を起こし膝を前に出す姿勢で行うので怖くない。エネルギーを使い切る感じ。
・体を起こすハーネスと起こさないハーネスの違いによるフレアの使い分け
・失速を使ったLD高度調整
・「サル乗り」でLD
・クロカンはリスクの最も少ないアプローチ(自分が無事ならオッケー)
・サーマルへのアプローチ
・「サーマルに居続ける」は当たり前、コアをつかむ
・イントラと講習生との信頼関係を守る
・自分の力量を知り、自分で判断できるのがパイロット(乗り換えやTOの風選び等)

(その時が来たら自分から聞こう。質問するのが大切だと思った。)

朝昼 600
たっきーのパズル 20(もうみんな解いた?すっきりするよ)
セミナー&ビジター費 3000
ハートランド牧場プリンちゃんソフト 500
風の湯 900
牛乳 130
うるおいてい 1000
セブンでおやつ 950
始祖鳥宿泊費 2000

合計 9100

【2日目】3日(火) 西富士2日目!飛んでから帰るよ!

06:45 起床
07:30 始祖鳥発
今日は早めに飛びたいのだ!
08:00 セブン発
08:40 LD発、山上げ
09:00 TO到着
10時くらいからパラが上がり始めてる。
10:20 テイクオフ
空撮①
空撮②
13:20 ランディング
楽しかった!

15:00 西富士LD出発
はやいね。
16:00 河口湖食堂
16:45 河口湖食堂発、足尾めざす!

18:25 狭山SA
20:10 足尾着!
20:30 足尾で解散!
20:50 Jバンの掃除して足尾出発
23:00 東京駅到着!おつかれさま!

朝昼 700
ビジター費 2000
飲み物 150
夕飯 900
交通費 3600

合計 7350

はいたのしい。

西富士エリアの感想
・納得のPup(特にランディング)
・制限空域やローカルルールやマナーなどを学び、守る意識が必須。
・ランディングの風が安定しない上にリフトもバンバン、しかも段差や斜面もあるしアプローチで使える空域に制限がある。
・リフトも強烈。+1m/sじゃ回さない。もっと強いのがくる。コアをつかむのが重要。
・TO直後左(北)で上げることが大切。そこで上がらなかったらもうダメかも。
・いくつかある尾根と山の高さを調べておくべきだった。いくつで越えられるか考えたいので。
・上がると風めっちゃきつい&荒れ荒れ
・荒れててもまっすぐ飛ばせるようにしなきゃ。
・他機警戒!
・低くなっても尾根の上にいた方がいい
・降ろせる場所全然ない

絵になる山だ

カテゴリー: その他 | コメントする